投資する物件の選び方とは?「いきなり」始めるその前に知っておきたい投資の極意とは?

うまくいけば高い収益を得る事が出来る不動産投資。では、うまく収益を得るための物件を選ぶためには何に気をつけるべきでしょうか。今回は投資する物件についてご紹介します。投資額の安さにつられて購入し、大損しないためにもまずはしっかりと知識を身につけてみませんか?

投資する物件はどこがいいの?

地方都市に投資すると損をする

予め不動産に投資し、家賃収入を得る不動産投資というビジネスがあります。簡単に言うと大家になって人からの家賃を集めるという方法です。一見簡単そうに見えますが、意外なところに落とし穴があります。まずは投資する物件。

この投資する物件を買い間違えると大損してしまう可能性がでてきます。大前提として人口の少ない都市の物件は買ってはいけません。なぜなら利益が見込めないからです。

狙いは東京都

ではどこに投資するべきかといいますと、できるだけ人がたくさん集まる都市の物件がおすすめです。具体的にいうと東京23区。特に駅から近い場所を積極的に狙ってみます。もちろん投資額は地方都市の物件に比べて高くなります。

しかし、東京都という人が多い場所で駅から近い場所となると必然的に住む人が増えるわけです。家賃も当然他の場所と比べて高くなるわけですから、投資した金額の回収も早くなります。

大阪や福岡も狙い目

東京意外の場所だと大阪や福岡県もおすすめ。都市も発展しており、人も多いので人口密度の高い都市の物件が狙い目です。大阪や福岡県で探す場合も東京の時と手順は同じです。人がたくさん住めば住むほど家賃収入は多くなりますからできるだけ満室になりそうな物件を探してみるのがポイントです。

投資するための物件の探し方とは

まずはネットで検索してみる

では実際に投資する物件を探すにはどうすればいいのか。まずはインターネットで検索をかけてみます。実際に買う際には物件の他に仲介業者との関係も大事だと言われていますが、まずは自分の目で利益がでる物件を探せるように練習のつもりで探すことをおすすめいたします。

なんとなく利益が出そうな物件がわかるようになったら、実際に不動産投資会社を選びます。失敗しないためには多数の会社から資料を取り寄せてみるのも欠かせません。まずはたくさんの会社から資料請求することからはじめてみてはいかがでしょうか。

築年数や徒歩何分かも必ずチェック

利益が見込めそうな物件を探す際にポイントとなるのが、築年数と駅から徒歩何分なのかということです。築年数が経っているほど安くなりますが、地震などで倒壊しないか考える必要があります。(1981年以前の建物は要注意)

駅チカな物件を選ぶ理由は先ほどもご紹介したように、便利な傾向があります。特に人気の地区で駅チカだと家賃も高い傾向が見受けられます。投資する物件を選ぶ際は必ずチェックしてみてください。

投資する物件の利回りって?

利益がどれだけ見込めるか数式に表すもの

物件に投資をする際にチェックしておきたいのは、利回りというところ。いくら条件のいい物件を見つけても、利回りが低ければ利益が見込めません。利回りとは、不動産投資した物件の利益がいくらくらい見込めるのかという計算式です。

購入する物件に利回りが書いてあることもありますが、自分で一度計算してみることも大事です。「実質利回り=( 年間収入-年間支出 )÷購入価格」という計算式は費用を除いた利益を算出する事が出来るので、正確な利回りを算出するためにも計算してみる事をおすすめいたします。

競売物件とは

元々は人のものだった物件

不動産投資をしていると、耳にする事の多い競売物件という文字。一体どういう意味なのでしょうか。競売物件とは簡単に説明すると、元々は人の所有物だった物件です。諸事情で持ち主が手放した後に、裁判所が販売している物件です。所謂住宅のオークションのようなものだと認識するとわかりやすくなります。

競売物件に投資するメリットは、なんといっても安く購入する事が出来るというところ。また、掘り出し物が見つかる可能性もあるので、あえて競売物件を狙う人もいるようです。

初心者が手を出すと危険

しかし、競売物件に投資するという方法は初心者にはおすすめできない方法として有名です。なぜなら、競売物件を購入する際のアフターフォローなどは一切無いからです。あくまでも自己責任で買わなくてはならないので、注意が必要です。

また、競売物件は住宅ローンを使用して購入する事が出来ません。現金で購入出来る方が買ってもいいかもしれません。2つの点から見ても初心者にはリスクが高すぎる物件であることがよくわかります。

中古物件に投資するメリットとは

安く購入できる

不動産投資というとどうしても新築に築浅物件に目を向けがちですが、中古物件に投資するという方法もあります。あえて中古物件に投資するメリット。

まず第一に安く物件を購入することができます。中古の場合だと築浅物件でも安い金額で購入することができる傾向が見られます。初期費用を抑えたい方におすすめな方法です。

利回りが高い傾向がある

次に見るべきポイントは利回り。中古物件に投資するほうが利回りが高い傾向があるのです。利回りは投資する金額が低く、家賃収入が高ければ高いほどよくなる傾向があります。無理して新築の物件に投資する前に、中古物件を見てみるのも悪くありません。

しかしデメリットも

しかし、中古物件に投資することにはデメリットも生じます。安い理由には建物の老朽化も関係してきます。購入した物件の設備が古い場合も考えられるのです。利用者に入居してもらうためには、場合に応じてはリフォームする必要性も生じてきます。

また、建物には耐用年数というものも存在します。この耐用年数は税務処理上切っても切れない存在です。購入した建物の耐用年数が短いと、建物の価値がどんどん低くなっていきます。あまりにも短い物を購入すると、投資額を回収できなくなる恐れも生じてしまいます。

いきなり投資する前に学ぶことが大切

ビジネスの世界で利益を得るためには、まず行動を起こしてみることが大切だと言われています。しかし、何の知識もないうちにいきなり投資しても失敗し、大損してしまうだけです。大切なお金を使う前に、まずは投資ついて学んでみてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です